So-net無料ブログ作成
検索選択

単調な毎日に何を思う [つぶやき・・・。]

毎朝同じ場所にいるおじさんがいた。

いつも駅構内の同じ場所に座ってるおじさん。

同じ路線を使っている同僚と“朝のおいちゃん”とあだ名をつけた。

おじさんは電車を利用するわけでもなく、いつも同じ場所にいる。

何をしているわけでもない。ただいつも座っているか、寝ている。

たま~に1人で楽しそうに微笑んでいる時もある。

そして決った時間になると、どこかに行ってしまう。

毎朝あそこに座るのが“おいちゃん”の日課だった。

けっして綺麗な格好をしているわけじゃない。

ボサボサの髪、もう何年着ているのか分からない服。

 

そんな“おいちゃん”がある日、綺麗になった。

長くてもう固まりのようになった髪が短く刈られ、ボロボロの洋服はピシッとしていた。

そのいで立ちでも、その場所にやっぱり座っていた。

その日“おいちゃん”がこ奇麗になったと同僚と盛り上がった。

半ば世捨て人のような“おいちゃん”が一見普通の人になった。

(もちろん普通の人は構内の床に座らないが・・。)

“おいちゃん”はどんな思いであの姿に変身をしたのだろう?

そして、どんな理由であそこに座っていたのだろう・・・。

 

人は毎日同じことをほぼ繰り返し生きている。

多少の変化や成長はあるものの、ほとんどの人が同じことの繰り返し。

満員電車に揺られ、会社ではたくさんの目標を課せられ・・。

でも生きていく以上、働かなければならない。

働かなくていい人のはこの世の中でほんの何割かだ。

何の為に働く?

食べて行く為?欲しい物を手に入れるため?見栄?みんなが働いているから?

働く目的は人それぞれ。

私は何だろう?未来への不安かな?

 

“おいちゃん”も不安を感じたのだろか?

自由きまま暮らしに見えたおいちゃん。

何年か前までは家族があったのかもしれない。

何らかの理由で、毎日あそこに座わりはじめた。

ちょっと人生に疲れちゃったのかな?

この世の中の固められた枠から抜け出したかったのかな?

 

普通の人から見たおいちゃんはちょっと世捨て人で、人によっては可愛そうなモノでも

見るようにおいちゃんを見ていたかもしれない。

だけどもしかしたら・・毎日あそこ座って、時間に終われ、毎日に追われるサラリーマンたち

をおいちゃんは同情の目で見ていたのかもしれない。

だからたまに1人で微笑んでいたのかな?

これはあくまでも私の想像。

 

それから・・・おいちゃんもことを見かけることが少なくなった。

いつもの場所で見かけた時、なんだかホッとする私がいる。

「生きてるんだね・・よかった」って心の中で思う。

仕事をし始めてもなお、あそこに座ってしまうおいちゃん。

おいちゃんは座って何を想っているのだろう。

おいちゃんにとってあそこが落ち着ける場所なのだろうか?

 

おいちゃんも、おいちゃんなりのペースで頑張って生きている。

私も変わらない毎日の中、きっとこれから先も私なりのペースを見つけて生きていく。

誰が何と言おうと、世に言う負け犬であろうと、それが私のペース。

 

いつかおいちゃんのように落ち着ける場所を見つけるまで。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

sat

落ち着ける場所って人それぞれなんですね。
それぞれ価値観が違うから当然なワケですが。
でも何でも勝ち負けをつけようとしている今の社会って
無理矢理同じ物差しで測ろうとしているのかなって思います。

確固たる自分を持って、本当、自信を持って生きていきたいものです。
おいちゃんのように!?(笑)
by sat (2007-03-09 00:44) 

りんか

コメント遅くなってごめんなさい。

負け犬世代と言われる私。
負け犬だっていいじゃない?って自分にいい気かせて、
日々の生活の中で、勝ち負けにこだわらないつもりで
いたけど、本当はすっごく気にしているのかもしれない。
誰かと比べることで、自分の価値みたいなものを
探しているのかもしれません。
そんなことをしても、ちっとも心救われないのにね・・。
by りんか (2007-03-17 09:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。